本文へジャンプ

ファイバーコアのお話

2019/01/26

カテゴリ:スタッフブログ

タグ:なし

こんにちは☆

はこざき歯科医院スタッフです♪

今日は歯の土台部分のお話です!

皆さん、歯の土台部分の種類と聞いてピンとくるでしょうか?

すぐにはピンとこない方が多数かと思います。

歯に大きな虫歯ができ、根の中の神経をとり中を消毒してきれいにする治療を「根管治療」と呼びます。

thBDIEX6B5

その根管治療を行ったあと今回のお話の内容である

歯の土台部分となる「コア」を立て、そしてその次に被せ物の型どりに進みます。

この「コア」は保険治療ですとメタルコア(金属)、

自費治療ですとファイバーコア(グラスファイバー)のどちらかを選択することができます。

メタルコアは保険治療ですのでコストは抑えることは出来ます。

しかし歯の中は空洞です。

そこに金属の土台を入れていくと、強い力が加わったときに力が分散されず、

一点に集中して力が加わることで歯が折れてしまう可能性があります。

歯の頭の部分が折れたり欠けたりした場合、歯を元の形に戻していくことは可能ですが、歯の根っこが折れてしまうと

最悪の場合、歯を抜かなければいけません。

そこで歯を失うリスクを軽減していくには、金属の土台ではなくファイバーコアと言われる

グラスファイバーでできた土台をおすすめしています。

グラスファイバーというのはしなりがある為、力が加わったときに力が分散されやすく

歯が割れたりヒビが入ったりというリスクが低くなります。

またファイバーコアは金属を使っていないので、金属アレルギーのリスクを低くすることができます。

ご自身の歯をできるだけ長く健康に使うため、もう二度と治療せずに済むようにどのような素材を選択するかがとても大切です。

気になる方はお気軽にご相談ください。

▲ このページのTOPへ