本文へジャンプ

お口とたばこは仲が悪い?!

2019/03/08

カテゴリ:スタッフブログ

タグ:なし

こんにちは☆

香川大学前はこざき歯科医院スタッフです♪

少しづつ暖かくなり、診療室にいると午後は暑く感じる日もあるほどです(^^)

もうすぐ春ですね❀

今日はお口のなかの環境とたばこの関係についてかきたいと思います。

喫煙者の方はタバコによるヤニ汚れや口臭を気にされる方が多いです。

しかし、その他にもお口の健康に影響を与えていることをご存知ですか?

喫煙者は非喫煙者に比べると、虫歯になりやすいという結果があります。

なんとその差は3倍!!!!

また、受動喫煙により、子供も喫煙者の親御さんの方が、2倍も虫歯になりやすいという結果もでています。

なぜタバコが関係するのでしょう??

 

 

それは。。

①唾液の量が減り、唾液の歯を守る作用が弱まってしまう。

②口腔内の抵抗力が下がる為、環境が悪化しやすく、治りにくくなる。

③ヤニが付くと、そこに歯垢が溜まりやすくなる。

④歯周病を進行させやすく、治りにくくする為、歯肉が下がり、歯の根っこ部分が露出して、汚れがたまりやすくなる。

そしてその歯根は歯質も弱いので虫歯になりやすい。

 

という色々な理由や原因があります!!

歯周病も悪化させてしまうこともある喫煙。

当院では禁煙にむけての支援も行っています。

ぜひご相談ください(^^)

▲ このページのTOPへ