本文へジャンプ

フッ素について

2019/05/14

カテゴリ:スタッフブログ

タグ:なし

こんにちは♬

はこざき歯科医院スタッフです(^^)

最近フッ素という言葉が浸透してきたように思います。

テレビCMなどでも聞いたことがありませんか?

フッ素を歯の表面に付けることによって、虫歯菌が作る酸の量を抑え、歯の再石灰化を促し、歯の表面のエナメル質を強くしてくれます。

フッ素は正式に言うとフッ化物とよびます。

フッ化物は、今薬局などで売られている多くの歯磨き粉に含まれています。

フッ化物入り歯磨き粉を使うときには、歯の表面の汚れをよく落としてから使うのが効果的です。

そうしないと食べ物や汚れが付いていると歯の表面に浸透していきません!!!

 

実は、歯磨き粉の中に入っているフッ化物と歯医者さんで塗るフッ化物では濃度が全然違います!

毎日の歯磨きのときには低濃度のフッ素を少しずつ取り込むようにし、年に2~4回くらいは歯医者さんでの定期健診と、高濃度のフッ素塗布を行うことが理想です。

大人も子供もフッ化物を上手に使って、できるだけ長く健康でいたいですね♬

 

 

▲ このページのTOPへ