本文へジャンプ

突然の歯とのお別れ。。

2019/06/27

カテゴリ:スタッフブログ

タグ:なし

こんにちは!

 

天然の歯も折れることがある事をご存知ですか?

次の症状がある場合は診察を受けることが必要かもしれません。

よく同じところの歯ぐきが腫れる

歯ぐきにできものができる

差し歯が何度か取れた経験がある

歯を嚙合わせると違和感を感じる

根の病気がよく再発する

 

 

骨が折れると「骨折」と言いますが、歯の場合は「破折(はせつ)」と呼びます。

歯茎の中にある歯の根っこの部分が割れたり、欠けたりすることを歯根破折(しこんはせつ)と歯科の専門用語では呼んでいます。

 

実は歯根破折のほとんどが、神経を取り除いた歯に起こる確率が高いと言われています。

その理由として

神経を取り除いた歯は、神経からの栄養素をもらうことができない枯れ木のような脆い状態になることがあげられます。

 

しかし、歯の神経を取り除いていない健康な状態でも、まれに起こることがあります!!!

では歯が折れたらどうなるのか?

歯の根っこが割れてしまうと、基本的には歯を抜かなくてはならないケースが多いです。

なぜ抜歯になるケースが多いのかというと

歯の根っこは家の土台と役目が同じ。

地盤が悪いと屋根を支えることが出来ずに崩れてしまいます。

 

残念ながら歯を抜いた後

代表的な治療法は3つあげられます。

  1. ブリッジ
  2. インプラント
  3. 入れ歯

無くなった歯を放っておいてしまうと、歯のバランスが崩れ、おいしくお食事がとれなくなることもあります。

治療の詳しい内容についてはお気軽にお問い合わせください♬

 

▲ このページのTOPへ