本文へジャンプ
  • 歯科用CTあります♪

    2019/03/15

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    今日は歯科用CTについてお話ししようと思います!

    歯科用CTという言葉を聞いたことがありますか??

    従来のレントゲン画像が2次元であるのに対して

    CT撮影した画像は立体に見られるようになります。

    つまり、従来のレントゲンがこのように立体で表示されるようになります

    さらに、いろいろな方向から断面(内部の状態)も見ることができるようになります。

    つまり、今まで知ることができないこともわかるようになります。

    高価な機器のため、現在歯科医院全体のおよそ3%ほどしか設置されておりません。

    当クリニックに導入したことで密な診断、治療が行えるようになりました。

    自費の根の治療やインプラント診断、矯正診断にも活躍してくれています!!


    また、歯科専用機のため、医科用CT撮影の10分の1程度まで被爆量を軽減することができるとも言われております。

    今まで他の医療機関に出向かないとCT撮影が行えなかった場合でも当院内で撮影が行えるため、

    正確かつ迅速な治療が可能です。

    今まで見つけることのできなかった口腔内の疾患を発見することが可能です。

    レントゲンというと=放射線というイメージが多く心配される声を聴くこともあります。

    ただ、歯科用の為、放射線量は軽減されており、正しい診断や治療には欠かせないCT☆

    気になる方はお気軽にご相談ください(^^)

    続きを読む

  • 拡大診療って何??

    2019/03/13

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    はこざき歯科医院スタッフです!

    「春に三日の晴れ間なし」といいますが、本当に暖かくなるまでは天気がころころとかわりますね!

    体調管理に気を使います。。

    さて今日は拡大診療について書きたいと思います!

    当クリニックではより精密な診療を心がけるために、すべての診療において拡大鏡を使用して臨んでおります。

    もちろん、歯科衛生士もです☆

    これにより、今まで見逃していた小さなむし歯や歯石などを見逃すことなく治療ができるのはもちろんですが

    今まで目では確認できなかったものまでわかるようになります。

    歯科衛生士は汚れだけを除去し、大切な歯の表面をできるだけ傷をつけないようにクリーニングが行えます。

    精度の高い治療は長持ちする歯を作るために必要なものです。

    当医院では、治療の内容により拡大ルーペを活用しています。

    大きく見えることで、せまいお口の中でも歯や歯ぐきの状態をより細かく確認できます。

    拡大ルーペ(約4.5倍)でみるとこのように見えています

    使用器材:GC社製アイルーペ カールツァイス社製コプルーペ

    来院される方だけではなく、術者である私たちもルーペをつけることで姿勢がよくなり

    手や体の歪み、肩こり等に悩まされることも無くなりました♪

    ぜひ体感してみてください(^^)

    続きを読む

  • お口とたばこは仲が悪い?!

    2019/03/08

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです♪

    少しづつ暖かくなり、診療室にいると午後は暑く感じる日もあるほどです(^^)

    もうすぐ春ですね❀

    今日はお口のなかの環境とたばこの関係についてかきたいと思います。

    喫煙者の方はタバコによるヤニ汚れや口臭を気にされる方が多いです。

    しかし、その他にもお口の健康に影響を与えていることをご存知ですか?

    喫煙者は非喫煙者に比べると、虫歯になりやすいという結果があります。

    なんとその差は3倍!!!!

    また、受動喫煙により、子供も喫煙者の親御さんの方が、2倍も虫歯になりやすいという結果もでています。

    なぜタバコが関係するのでしょう??

     

     

    それは。。

    ①唾液の量が減り、唾液の歯を守る作用が弱まってしまう。

    ②口腔内の抵抗力が下がる為、環境が悪化しやすく、治りにくくなる。

    ③ヤニが付くと、そこに歯垢が溜まりやすくなる。

    ④歯周病を進行させやすく、治りにくくする為、歯肉が下がり、歯の根っこ部分が露出して、汚れがたまりやすくなる。

    そしてその歯根は歯質も弱いので虫歯になりやすい。

     

    という色々な理由や原因があります!!

    歯周病も悪化させてしまうこともある喫煙。

    当院では禁煙にむけての支援も行っています。

    ぜひご相談ください(^^)

    続きを読む

  • 三月です❀

    2019/03/05

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは★

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです♪

    あっという間に3月ですね!

    卒業シーズンに突入し、出会いと別れの季節になりました。

     

    今月の休診日をお知らせします☆

    3月❀

    6日、27日(水曜日)

    16日(土曜日)

    日、祝日が休診

    となっております。

    ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

     

    続きを読む

  • 舌癌?口内炎??

    2019/02/28

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    最近あるニュースから患者さんからの質問が急増しています!

    今日は癌について簡単にかきたいと思います。

    「がん」は今や日本人の死亡原因の一位になっています。

    「胃がん」、「肺がん」や「乳がん」などはよく知られていますが

    口のなか(口腔)にできる「口腔がん」のことはご存知でしょうか。

    日本では年間に男性で5,000人、女性で2,000人の方たちが「口腔がん」にかかると言われています。

    「口腔がん」の約半数は舌にできますが、頬粘膜、歯肉、口底、口蓋などにも発症します。

    実は色々な種類がありますね。

    20151225_kouku01

    【口腔がん発症部位】
    (2012年頭頸部癌悪性腫瘍登録より

    その中でも口腔の粘膜にできる主な病気を3つあげると

    「口内炎」、「白板症」そして「口腔がん」です。

    「口腔がん」は他の臓器の「がん」に比較すると

    直接肉眼で確認しやすく組織検査も容易にできます。

    早期に発見しやすい「がん」です。

    早期に発見し適切に治療すれば、恐れることはありません。

    口のなかに異常を感じたら、迷わず歯科医院に相談にいきましょう!!

     

     

    続きを読む

  • 予約システム

    2019/02/19

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは♪

    はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    今日は当院の予約システムについてご説明します!

    当院は来院していただいた皆さんの貴重なお時間を有効に使わせていただく為

    待ち時間をなるべく無くすようにする為にも

    基本的には予約制とらせていただいております。

    スマートフォンでご覧になっている場合のみ

    ホームページからはネット予約も可能ですが、注意していただきたいのは

    [初診の方限定]

    という点です!!

    再診のかたに関しては受付窓口かお電話にてご予約を承ります☆

    尚、予約を取っていただいた後はその日のアポイント状況をスタッフ全員で確認し

    準備物を購入してそろえたり、使用する道具を整えたりと万全の状態でお待ちしています(^^)

    ですので、ご連絡無しでのキャンセルは他の患者さんにご迷惑になってしまう場合があったり

    心配にもなりますので、出来る限り連絡をお願いしたいと思っております。

    今の時期、インフルエンザも流行中です。

    突然の体調不良は決して無理せず、遠慮なく、ご連絡ください♬

     

     

     

     

    続きを読む

  • 歯科での写真撮影の必要性

    2019/01/31

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    今日は写真についてお話ししたいと思います♪

    当院では来院された方全員にお口の中と顔貌写真を撮影しています。

    記念撮影??

    ではもちろんありません。

    口腔内写真は

    患者さんの治療の記録として当院にとっても患者さんにとっても非常に大切な資料となります。

    初診の写真は、特に重要で、そのときしか撮れないのです!

    過ぎて行った時間は誰にももどせませんからね(^^)

    治療を進めていくときに経過もお撮りするときがありますが

    歯肉の変化(腫れが引いて引き締まったり、赤黒い色がきれいなピンク色になっていったり)や、

    つめものがいかにきれいに入ったか等々、写真はその時をしっかり記録してくれる重要なものです。

    記憶より記録が大切!と考えています。

    歯医者はおそらくほとんどの方にとって「行きたくない場所」です。

    痛い・怖い・不安という負の気持ちを乗り越えて来院して下さった皆さんに

    初めてお会いしてその日にお撮りすることになります。

    ほっぺをぐいっとひっぱったり、大きな鏡がはいったりと患者さんにとって負担であることを考え

    私たちは日頃からいかに正しく、すばやく撮影するかを学び、練習しています。

    少しでも大変な思いを感じないように配慮しつつ、貴重な資料を保存し、より精密な治療を心掛けています。

    何か気になることがあれば気軽にご相談ください♬

    続きを読む

  • ファイバーコアのお話

    2019/01/26

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    はこざき歯科医院スタッフです♪

    今日は歯の土台部分のお話です!

    皆さん、歯の土台部分の種類と聞いてピンとくるでしょうか?

    すぐにはピンとこない方が多数かと思います。

    歯に大きな虫歯ができ、根の中の神経をとり中を消毒してきれいにする治療を「根管治療」と呼びます。

    thBDIEX6B5

    その根管治療を行ったあと今回のお話の内容である

    歯の土台部分となる「コア」を立て、そしてその次に被せ物の型どりに進みます。

    この「コア」は保険治療ですとメタルコア(金属)、

    自費治療ですとファイバーコア(グラスファイバー)のどちらかを選択することができます。

    メタルコアは保険治療ですのでコストは抑えることは出来ます。

    しかし歯の中は空洞です。

    そこに金属の土台を入れていくと、強い力が加わったときに力が分散されず、

    一点に集中して力が加わることで歯が折れてしまう可能性があります。

    歯の頭の部分が折れたり欠けたりした場合、歯を元の形に戻していくことは可能ですが、歯の根っこが折れてしまうと

    最悪の場合、歯を抜かなければいけません。

    そこで歯を失うリスクを軽減していくには、金属の土台ではなくファイバーコアと言われる

    グラスファイバーでできた土台をおすすめしています。

    グラスファイバーというのはしなりがある為、力が加わったときに力が分散されやすく

    歯が割れたりヒビが入ったりというリスクが低くなります。

    またファイバーコアは金属を使っていないので、金属アレルギーのリスクを低くすることができます。

    ご自身の歯をできるだけ長く健康に使うため、もう二度と治療せずに済むようにどのような素材を選択するかがとても大切です。

    気になる方はお気軽にご相談ください。

    続きを読む

  • 被せ物の種類って?

    2019/01/19

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    1度治療が終わった歯も虫歯が再発する事があることをご存知ですか?

    どれだけしっかり治療をしたとしても被せ物は人工物です。
    しっかりとホームケアを行っていかないと、被せ物とご自身の歯の境目のちょっとした段差に汚れが溜り、そこから虫歯が再発する可能性があります。

    また、どういった材質の被せ物であるかも大きく影響していきます。
    例えば、保険内治療で治したのであれば銀歯となります。
    保険で使われている金属は長年使っていくと、変形や劣化が見られます。
    経年劣化してくと、そういった隙間から汚れや細菌が入り込み虫歯が再発します。

    また、被せ物を接着する時に使用するセメントと呼ばれる材料も保険で決まったセメントでしかつけることができません。
    保険のセメントも劣化がみられるので、隙間から汚れが入り込み、トラブルが起きてしまいます。
    金属の表面も汚れが付きやすいので、ホームケアを行っていても汚れがつきやすい特徴があります。

    「再発したらまた治せばいいのでは?」と思う方も多いと思います。
    しかし、何回も治療を繰り返すと、歯の神経まで虫歯が感染してしまったり、ご自身の歯が少なくなっていき治療の限界になってしまいます。
    そうすると、インプラントやブリッジ、入れ歯という治療になってきてしまします。

    そういったリスクを健康面から守る事ができるのが自費治療です。ジルコニアやセラミックで治していくので、特徴上、汚れがつきにくく変形もありません。
    接着するセメントもミクロレベルでご自身の歯とくっつくので、隙間ができてしまうトラブルも下げる事ができます。
    見た目や精度も高いですが、やはりご自身での管理のしやすさがメリットとしては大きいと思います♪

    その他にも様々な特徴がありますが、見た目重視で白い被せ物で治すのではなく、その後の歯の健康面(歯の持ち)を考えると自費治療がおすすめです。
    何度も虫歯を繰り返してしまう方や虫歯になりやすいと感じている方の来院も多くなってきています。
    二度と虫歯にならないために、大切な天然歯を守る為に、納得のいく治療の選択が大切ですね☆

    続きを読む

  • 歯科衛生士とは?

    2019/01/16

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆
    はこざき歯科医院スタッフです♪

    皆さん「歯科衛生士って何?」と聞かれたとしたら答えられるでしょうか?

    私が歯科衛生士になりたての頃はまだまだ認知されておらず

    「歯医者さんでつば吸う人」であったり「歯医者さんの看護師やろ?」などお仕事の内容はもちろん、歯科衛生士という名前すら

    知っている人は少なかったように思います。

    現在はテレビや雑誌などで取り上げられることも増えて「歯科衛生士」という名前は認知され始めたように感じます。

    ではその仕事内容は??

    実は歯石をとったり、歯科医師の補助業務。だけではありません!!

    歯科衛生士の本当の役割は、患者様のお口の中と心身の健康に関するさまざまなサポートをすることにあります。

    主に歯石除去や、むし歯・歯周病予防の為のクリーニング、みなさんがご自宅でしっかりセルフケアができるように

    ブラッシングの方法や歯磨剤の使い方、種類などを説明や練習を行います。

    他にも食べ物や摂取の仕方、妊産婦期の指導など書ききれない程多岐にわたります。

    近年、日本人の80%の方は歯周病にかかっていると言われています。

    自分は大丈夫と思っている方、もう手遅れだと思っている方、いらっしゃいませんか?

    歯科医院にいったのはいつでしょう?

    担当の歯科衛生士の顔は思い浮かびますか?

    1度でも自分のお口の中を想像したその時が歯医者へ行くタイミングです!

    お口の健康は身体全体の健康につながります。

    当医院では、健康なお口、健康な身体になるよう歯科衛生士として全力でサポートさせていただきます!

    続きを読む

▲ このページのTOPへ