本文へジャンプ
  • 10月の休診日

    2019/10/03

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    気温の変化が大きいこの頃ですが体調管理はできていますか?

    私はこの時期になると早めに就寝し、体を休めることにしています。

    もう10月なのに夏の様に暑い日もあり。。早く秋物の服がきたいです(>_<)

     

    今月の休診日をお知らせします!

     

    10月

    10/2、9、30(水曜日)

    10/6、13、14、20、22、27(日祝祭日)

    以上です。

    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします<(_ _)>

    続きを読む

  • シュガーコントロールって何?

    2019/09/20

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    今回は『シュガーコントロール』についてお話します。

    この言葉聞いたことありますか?

    歯科ではよく知られた言葉ですが一般の方にはあまり聞きなれない言葉かもしれません。

    シュガーコントロールとは、

    むし歯の原因となる砂糖などの糖類が入った甘い食品の、

    ・摂取量

    ・摂取頻度

    ・摂取時間帯

    以上を調整することです(^_^)/

     

    内容や量よりも

    時間とその質がとても大切です。

    ダラダラとした不規則な糖類の摂取を避けて

    食事の面からむし歯を防ぐこともできます!

     

    実は乳幼児期の間食に甘いものはほとんど必要がなく、一日3食しっかり食べていれば

    甘味を食べたいと思うことが少なくなるとも言われています。

    私も育ちざかりの子供をもつ母親ですが、そうはいっても一旦甘い物を摂取することを覚えると

    なかなか全く食べない!というわけにもいきません。

    何気なく口にしている和食にも、手軽なペットボトル飲料にも糖は沢山含まれています。

    糖類ゼロじゃないとダメ!ということではなく

    あくまでもコントロールしてあげるという事が目的です。

     

    季節感を大切にした「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の揃う食事はやはりおいしいです。

    日々忙しい現代人ですが、日本人ならではの食習慣を大切にしたいです(^^)

    ようやく秋らしくなってきました。

    そろそろさんまやきのこ、栗などといった食材が恋しいですね♡

     

    続きを読む

  • 9月休診日のお知らせ★

    2019/09/03

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは♬

    はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    夏が終り、少しずつ秋の気配を感じますね。

    気温の変化もある時期です。体調を崩さないようにお気をつけください☆

    9月の休診日をお知らせします!

    毎週日曜日と祝日
    第1水曜日、第2水曜日

    以上が休診日です。

    尚16日、23日が祝日で休診になる為

    18日、25日の水曜日は診療致します。

    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします<(_ _)>

    続きを読む

  • お盆休みのお知らせ★

    2019/08/08

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは(^^)

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです♪

    朝からセミは大忙し!夏真っ盛りとなりましたね!!

    8月の休診日をお知らせします。

    8月11日(日)~8月15日(木)までお盆休み

    23日(金)午後休診

    隔週日曜日と24日(土)31日(土)

     

     

    以上です。

    21日、28日は土曜休診の為通常通り診療致します。

    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします<(_ _)>

    続きを読む

  • ハブラシを交換していますか?

    2019/07/09

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    はこざき歯科医院スタッフです(^^)

    今日は歯ブラシについてお話したいと思います♪

    みなさんは歯ブラシをどのくらいで交換されていますか?

    医院にこられる方にお伺いしてみると、、

    「毛先がひろがったら」

    「1.2か月くらい」

    中には「半年。。一年くらい??」

    という方もいらっしゃいます。

    ハブラシは汚れを落としてくれる道具です。

    そして細菌を取り除いてくれる相棒ともいえますね(^^)

    その為。。

    推奨する歯ブラシの交換頻度は〈1本/1ヶ月〉です。

    ハブラシをいくら洗って乾燥させたとしてもブラシの毛束の根元には菌が繁殖してきます。

    また毛が開いたり、コシがなくなったものは清掃能力が落ちるだけではなく、

    歯や歯茎を傷つける恐れがあり、マイナス面もあるのです。。

    道具はとても大切です!!!

    しっかりと虫歯や歯周病予防をするために、道具の管理もしっかりと行っていきましょう。

    続きを読む

  • ★七月休診日のお知らせ★

    2019/07/01

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    香川大学前はこざき歯科医院スタッフです!

    あっという間に上半期が終了しましたね!

    もう7月です。

    季節はもう夏。。早いですね(・_・;)

     

    七月の休診日をお知らせします♪

    毎週 日、祝日

    17日を除く水曜日が休診となります。

    15日が祝日で休診の為17日は通常通り診療いたします。

    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします<(_ _)>

     

    続きを読む

  • 突然の歯とのお別れ。。

    2019/06/27

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは!

     

    天然の歯も折れることがある事をご存知ですか?

    次の症状がある場合は診察を受けることが必要かもしれません。

    よく同じところの歯ぐきが腫れる

    歯ぐきにできものができる

    差し歯が何度か取れた経験がある

    歯を嚙合わせると違和感を感じる

    根の病気がよく再発する

     

     

    骨が折れると「骨折」と言いますが、歯の場合は「破折(はせつ)」と呼びます。

    歯茎の中にある歯の根っこの部分が割れたり、欠けたりすることを歯根破折(しこんはせつ)と歯科の専門用語では呼んでいます。

     

    実は歯根破折のほとんどが、神経を取り除いた歯に起こる確率が高いと言われています。

    その理由として

    神経を取り除いた歯は、神経からの栄養素をもらうことができない枯れ木のような脆い状態になることがあげられます。

     

    しかし、歯の神経を取り除いていない健康な状態でも、まれに起こることがあります!!!

    では歯が折れたらどうなるのか?

    歯の根っこが割れてしまうと、基本的には歯を抜かなくてはならないケースが多いです。

    なぜ抜歯になるケースが多いのかというと

    歯の根っこは家の土台と役目が同じ。

    地盤が悪いと屋根を支えることが出来ずに崩れてしまいます。

     

    残念ながら歯を抜いた後

    代表的な治療法は3つあげられます。

    1. ブリッジ
    2. インプラント
    3. 入れ歯

    無くなった歯を放っておいてしまうと、歯のバランスが崩れ、おいしくお食事がとれなくなることもあります。

    治療の詳しい内容についてはお気軽にお問い合わせください♬

     

    続きを読む

  • 梅雨と虫歯の関係

    2019/06/17

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    東北北部が梅雨入りを発表しましたね!

    香川もそろそろでしょうか。。

    さて今日はそんな梅雨と虫歯の関係についてです♪

    梅雨のイラスト「紫陽花と雨」

     

    梅雨になると歯が痛く感じたりした事はありませんか?

    気圧による影響のようですが、虫歯など問題がある歯に多いようです。

    皆さんの中にも飛行機に乗った時や、標高の高い山に登山に出かけた時などに突然歯が痛くなった。。!という経験がある方がいらっしゃるかもしれません。

     以前、テレビでイモトアヤコさんがエベレストに挑戦する番組があり話題になりました。

    途中のベースキャンプで急に歯に激痛が走り泣いていましたね。。

    その時はヘリコプターをチャーターして遠くの歯医者さんにまで行き抜歯となり、また戻って登山を再開!!

    これは偶然の出来事のように思いますが、実は気圧の変化により彼女の虫歯が急性症状を起こしたようです。

     気圧の変化で歯が痛む!?

    初めて聞く方も多いかもしれません。

    気圧の変化での代表例が、標高の高い山に登山した時、お菓子の袋がパンパンになる。

    飛行機に乗って離陸する時に耳がキーンと痛くなるということがあります。

    これは歯の中でもこれと同じようなことが起きています!

    歯のエナメル質の内部には「歯髄腔」という神経が入っている空洞があり、歯髄腔はふだん外の気圧と等しくなっています。

     しかし、飛行機の離陸や登山などで短時間の間に外の気圧が下がると、気圧の変化に対応しきれず、低下した外の気圧との差で内側から圧がかかり一時的に痛みがでることがあります。

    このとき特に激しく歯が痛む場合は虫歯があることがほとんどです。

     登山や飛行機のほかにも、スキューバダイビングや台風などの気圧の変化でも痛みが出る可能性があります。 

    せっかくの旅行やレジャー中、現実を忘れ楽しんでいるときに歯が痛い。。なんてつらいですね泣

    やはり日頃のメンテナンスや、治療がとても重要ですね!

    気になる方はご相談ください♬

    続きを読む

  • 六月の休診日お知らせ

    2019/06/06

    カテゴリ:スタッフブログ

    タグ:なし

    こんにちは☆

    もう六月ですね!

    来週以降梅雨入りも予想されています。

    今年は台風も多いようで心配です。今から備えをしておかないと。。と考えています!

    六月は

    毎週日曜日と水曜日が休診日となっております。

    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします<(_ _)>

     

    続きを読む

  • こんにちは☆

    今日は歯を失った後の治療についてお話します♪

    何らかの理由で歯を失うと

    何かで補うことが必要です。

    代表的なものはインプラントと入れ歯ですが、意外と違いが分かりづらいのではないでしょうか。

    この二つは“取り外しができるか・できないか”という点が大きな違いです。

    インプラントは入れ歯と違い、ご自身での取り外しができません。
    お家でのケアはご自身の歯と同じように歯ブラシで磨いていただくことと歯科衛生士によるクリーニングやDr.のチェックは欠かせません。

    使い心地は、入れ歯のような違和感や粘膜に擦れる痛みというのはなく、ご自身の歯と同じように使う事ができるので、インプラントを入れているのを忘れるくらいご自身の歯とのなじみが良いです。

    しかし、インプラント自体と骨がくっつくのに期間がかかるので、インプラントを入れた後すぐに歯が入るというわけではありません。

    時間がかかるという事と、費用が高いという事、外科を含む治療になるということは欠点としてあげられるでしょう。

    一方、入れ歯はご自身で取り外しができるので、お手入れがしやすいです。

    しかし治療後の使い心地としては、お口の中で頬っぺたなどの様々な粘膜に擦れて、痛みや違和感がでてしまうことが多く、

    調整が必要になります。

    喋りづらい、噛めない、というようなマイナス面もでてきます。

    こちらも調整していくことでなじみ、使えていくことが多いですが根気も必要です。

    また、部分入れ歯であれば、入れ歯を引っ掛けるためにご自身の歯も削る場合もあります。

    入れ歯の種類はさまざまありますが、保険適応で治療を行えるという特徴があります。

    どちらも様々な利点欠点があり、お口の状況により変化します。

    詳しく知りたい場合はお気軽にご相談ください☆

    続きを読む

▲ このページのTOPへ