本文へジャンプ

梅雨と虫歯の関係

2019/06/17

カテゴリ:スタッフブログ

タグ:なし

こんにちは☆

東北北部が梅雨入りを発表しましたね!

香川もそろそろでしょうか。。

さて今日はそんな梅雨と虫歯の関係についてです♪

梅雨のイラスト「紫陽花と雨」

 

梅雨になると歯が痛く感じたりした事はありませんか?

気圧による影響のようですが、虫歯など問題がある歯に多いようです。

皆さんの中にも飛行機に乗った時や、標高の高い山に登山に出かけた時などに突然歯が痛くなった。。!という経験がある方がいらっしゃるかもしれません。

 以前、テレビでイモトアヤコさんがエベレストに挑戦する番組があり話題になりました。

途中のベースキャンプで急に歯に激痛が走り泣いていましたね。。

その時はヘリコプターをチャーターして遠くの歯医者さんにまで行き抜歯となり、また戻って登山を再開!!

これは偶然の出来事のように思いますが、実は気圧の変化により彼女の虫歯が急性症状を起こしたようです。

 気圧の変化で歯が痛む!?

初めて聞く方も多いかもしれません。

気圧の変化での代表例が、標高の高い山に登山した時、お菓子の袋がパンパンになる。

飛行機に乗って離陸する時に耳がキーンと痛くなるということがあります。

これは歯の中でもこれと同じようなことが起きています!

歯のエナメル質の内部には「歯髄腔」という神経が入っている空洞があり、歯髄腔はふだん外の気圧と等しくなっています。

 しかし、飛行機の離陸や登山などで短時間の間に外の気圧が下がると、気圧の変化に対応しきれず、低下した外の気圧との差で内側から圧がかかり一時的に痛みがでることがあります。

このとき特に激しく歯が痛む場合は虫歯があることがほとんどです。

 登山や飛行機のほかにも、スキューバダイビングや台風などの気圧の変化でも痛みが出る可能性があります。 

せっかくの旅行やレジャー中、現実を忘れ楽しんでいるときに歯が痛い。。なんてつらいですね泣

やはり日頃のメンテナンスや、治療がとても重要ですね!

気になる方はご相談ください♬

▲ このページのTOPへ